渋谷区の遺品整理にて桐たんすや座卓(村上堆朱)や着物や日本人形と置物等を買取しました。


渋谷区のお客様よりご依頼を頂きお伺いさせて頂きました。遺品整理でご実家ある不用品で価格のつく物を引き取って欲しいと言うご依頼でした。お伺いしてみると昔懐かしい家具や雑貨類が多く、お客様からお電話を頂いたときに「とにかく実家の整理をしたいので数を減らしてほしい」という意味が分かりました。物を集めるのが好きなお父様だったようで、少し昔のガラス細工やランプなどの洋物から人形や置物等の和の物まで沢山の物がありました。まずは家具を動かすにもこまかい物を整理させて頂き桐たんすや座卓などを運べる通り道を作ってから運び出しをさせて頂きました。画像の座卓は作家物の大変立派な物ですが、最近は和室が少なくなってきてる為か座卓の価値が下がってきてしまっております。そういう意味で言うなら着物も着る人が少なくなって来てるため、価値が下がっている物になります。お客様のご要望とおり、価格がつかない商品でも、引き取れるものは引き取ってほしいというご依頼でしたので、なるべく、ご協力させて頂き、価格のつくところはきちんと提示させて頂き様々な物をお譲り頂きました。