埼玉県さいたま市のお客様より書道具や茶道具,桐たんす等を428000円で買取ました。

埼玉県さいたま市のお客様よりお電話にてご連絡を書道具の買取依頼を頂きました。亡くなったお母様が昔書道や茶道をしてらしたという事で茶道具や書道具を多数お売りいただきました。遺品整理をされていたところ、価値のわからない品々が多数出てきたとのご連絡をいただき、査定のためにご自宅へとお伺いしました。茶道や書道をたしなんでいたとのことで、使用感はあるものの、とても大切に使用されていたことがわかるお品の状態に、思わず査定にも力が入ったのを覚えています。書道具は半紙が多くありましたが経年劣化の為カビやヤケが多くありました。またほかに硯や墨などがあり高額査定となりました。使わずに保管されていたという額縁類は残念ながら価格が付かなかったのですが、どうしても処分できないので引き取って欲しいという事でしたので、お気持ちだけ価格をつけさせて頂き買取させて頂きました。茶道具は風炉、鉄瓶、金瓶、茶碗はいずれも丁寧に片づけられており、査定総額はかなり相場を上回ることとなりました。その旨をお伝えしたところ、お客様の想像も上回っていたらしく、買取に快諾いただけました。また価値のわからないお品が合った場合には、お気軽に査定をお申し付けください。

関連記事

PAGE TOP
テキストのコピーはできません。