横浜市の骨董品,掛け軸,茶道具,絵画買取なら

神奈川県横浜市の骨董品,掛け軸,茶道具,絵画買取なら当店へ

骨董品買取の専門店エコプライスでは神奈川県の横浜市,川崎市,相模原市を中心に、神奈川県のお客様から骨董品買取のご依頼を頂きへ毎週のように骨董品の出張査定や買取をさせて頂いております。骨董品を遺品整理や不用品整理でまとめて整理がしたい、お引越し整理でいらなくなる骨董品がある等ありましたらお電話やメールにてご連絡ください。骨董品買取の専門の鑑定士がご挨拶と日程の確認をしお伺いさせて頂き適正な買取価格で買取させて頂きます。もちろん出張査定料は0円にてお伺いさせて頂いております。買取価格も公開中です。お電話やメールでのご相談ご連絡お待ちしております。
取扱商品|骨董品|古美術品|古道具|絵画|掛軸|リトグラフ|シルクスクリーン|版画|陶器|漆器|西洋アンティーク|ブロンズ像|彫刻|置物|人形|着物|日本刀|鎧|甲冑|書道具|カメラ|オーディオ|時計|酒類|レトロ玩具|ブリキおもちゃ|和家具|桐たんす|中国骨董|仏像|仏具|香木|根付|印籠|ペルシャ絨毯|軍服|軍刀|勲章|戦争資料|切手|古銭|レコード|古書|他

買い取り実績多数!神奈川県の骨董品,掛け軸,茶道具買取強化中!


■神奈川県の出張・宅配買取対応地域
神奈川県|横浜市|川崎市|相模原市|横須賀市|藤沢市|平塚市|茅ヶ崎市|大和市|厚木市|小田原市|鎌倉市|秦野市|座間市|海老名市|伊勢原市|綾瀬市|逗子市|三浦市|寒川町|南足柄市|愛川町|大磯町|葉山町|二宮町|湯河原町|大井町|開成町|箱根町|山北町|松田町|中井町等

当店が選ばれる理由!

骨董品買取エコプライスが、神奈川県横浜市のお客様に選ばれる理由は骨董品類だけではなく掛け軸,茶道具,古道具・和家具類の幅広い商品に買取価格がつき当店だけで買取が終了するケースが多いです。また当店は鑑定歴の長い知識・経験豊富な骨董品専門スタッフがお伺いさせて頂き納得のいく買取価格を提示させて頂きます。他店のように入社後すぐのスタッフが査定することはございません。神奈川県での骨董品買取の実績が多く販路が豊富なため適正価格にて買取が可能なため適正価格にて骨董品の買取が可能です。個人情報の秘密厳守と買取にお伺いする際は屋号の入った車両でお伺いしません。商品買取成立後8日間の返品対応は間違って思い出の物や残しておこうとしてた骨董品を不用品と一緒に売ってしまった等のケースも対応させて頂きます。

取扱商品一覧

各流派の茶道具を幅広く専門の鑑定士が納得できる買取価格で買取ります。
西洋アンティークの陶器やブロンズ像やアンティーク家具まで幅広く買取中
日本刀の無名から作家物まで取り扱っております。買取価格も公開中です。
油絵,水彩画,リトグラフ,幅広く取扱います。高価格にて買取価格をつけます
掛け軸買取強化中です。数本でも大丈夫です。高買取価格にて査定中
時代箪笥,桐たんすから和家具,民芸家具等出張買取させて頂きます。
振袖,訪問着,帯等の着物から帯留・かんざし等の和装小物も査定買取致します。
戦国時代の物からレプリカ迄可能,多少の劣化や部品がなくても買取可能です。
作家物の陶器から,漆器,を鑑定士が査定し高価格にて買取価格をつけさせて頂きます。
琴や三味線などの和楽器から西洋楽器まで幅広く買取し高買取価格をつけます。
硯,墨,筆,半紙を買取強化中,専門の鑑定士が納得できる買取価格で買取ります。
仏像,作家物人形買取中です。高価格買取中お気軽にお問い合わせください。
レトロカメラ,昔のオーディオ色々と取り扱い高価格にて買取価格をつけます。
贈答品等でずっと保管されてた酒類を少数からでも高価格買取中です。
コレクターグッズから、お子様が昔遊んでいたソフビ,玩具迄買取ります。

Q:神奈川県の出張料,鑑定に費用はかかるのでしょうか?
A:費用はかかりません。お客様に経費を請求する事はございませんので、ご安心ください。買取れる骨董品がない場合でも費用はかかりません。

Q:買取価格が付くか分からない骨董品や掛け軸や茶道具があります。見て貰えますか?
A:拝見させて頂きます。なるべく骨董品の数とどういった物か等をお教えください。変色や痛み等がありましても買取できる骨董品もありますので処分前にご相談ください。鑑定士が納得いく買取価格を提示させて頂きます。ご不安な場合はメールで画像をお送り頂ければ担当者より折り返しご連絡させて頂きます。

Q:今月転居するので週末に急いで骨董品の買取に来て欲しいのですが・・・
A:お伺いします。週末にお伺いする予定が先に入ってしまっているケースもございますが、なるべく時間調整をさせて頂きお伺いさせて頂きます。お気軽にご相談ください。

Q:沢山の古い物があります。買取できますか?
A:出来ます。当社では今まで多数の倉庫整理や収集家の方の骨董品の買取実績がありますので、大まかで構いませんのでどんなものが、どのくらいあるかをお教えください。日程調整や運び出し方法について担当者からご連絡させて頂きます。またお客様でご要望があればお気軽にご相談ください。

Q:高齢の為、荷物を運べません。骨董品や家具を運んで貰えるのでしょうか?
A:当店スタッフが行いますのでご安心ください。屋根裏に骨董品がある、二階の押し入れから出して査定して欲しい等こういったご依頼は何時もありますのでお気軽に当店スタッフへご相談してください。また清掃の必要もありません。

骨董品,茶道具,掛け軸,絵画を高く売るコツ

■骨董品は専門買取店で売るのがコツ
古い不用品や骨董品を処分したい方で骨董品買取専門店や専門店の出張買取をご存じない方は、家の近くのリサイクル店に骨董品の買取依頼をされる人もいるようです。近頃は家電・家具・ブランド品などがメインの街中のリサイクル店でも骨董品が店売りで販売されている時がありますが、そのようなリサイクル店では骨董品の買取価格は安くなりがちです。何故なら家電や家具・ブランド品などの実績はあるが骨董品類の流通量が少ない商材は、経験が少ない、店売りで販売価格のつけ方が分からない為買取価格の提示が分からない、店売りで販売しても骨董品を探している購入者が少なく長期保管になる可能性も考えられる為高い買取価格がつけられず、買取価格も安くなってしまうからです。骨董品はたまに偽物もあるためリサイクル店の中でも知識や取扱った数の多さや特殊な販売方法が出来ないと取り扱いが厳しくなる商材になりますので骨董品を売る時は査定力のある骨董品買取専門店を選ぶのが買取価格が高くなる方法になります。

■骨董品の相場は下落中の為早めに売る
色々なHPで骨董品は早く売却した方が良いと掲載しているHPを見かけますが、どうして早く骨董品を売却をした方が良いか?という疑問をお持ちの方も多いかと思います。説明させて頂くと骨董品は数十年前はコレクターも多く、床の間などで自宅に来たお客様に自分の購入した骨董品を見せたり、絵画を居間や玄関に飾ったりと人気がありました。戦後の何もない時代から復興し骨董品を購入するというのは、憧れであり、豊かさの象徴だったのかもしれません。しかし年々、骨董品を楽しむ人が減少しつつあります。理由としては住宅がマンションや西洋化が進み骨董品を飾る場所がない人を自宅に呼ぶ機会が減ったのも原因の一つなのかもしれません。有名な作家の作品でもオークションサイトで数千円で買える時代になりつつあります。骨董商の仲間たちからも30年前と比較して売値が10分の1~30分の1になったという話も良く聞きます。元々骨董品はバブルの時代の頃は投資先の一つとして利用されており、骨董品の価格が高騰しすぎていたのかもしれません。しかしながら現在は骨董品の人気が無く、欲しがる人や買い支える収集家が少なくなり骨董品の買取価格が年々下がりつつあります。このような事情からお持ちの骨董品を処分しようとされている場合は早めにお売りになられた方が良いです。2020年の4月現在でもコロナの影響により骨董品の市場やオークションの休止があり、世界的に景気後退が予想され骨董品の相場も相場が崩れつつあります。こういった事も骨董品の買取価格が下がる原因となりますので注意が必要です。

■骨董品は掃除しない方が良い
断捨離やお片付けで骨董品が出てきた時に買取をしてもらおうと思う方は多いと思いますが骨董品を長期間押し入れや物置に入れておくと埃をかぶっていたり汚れている場合がありますが、そういった場合は掃除をしない方が良いです。何故なら骨董品は古ければ古いほど価値が上がりますので骨董品が埃をかぶっていたり汚れている方が古さの証明になります。人に買取をしてもらうのだから掃除をして骨董品を買取して貰いたいと思う方もいらっしゃると思いますが、そういった場合でも掃除をされない方が良いです。また良い骨董品は細工が細かい物もあり、古く細工が細かいと掃除をしたときに壊れてしまったり欠けてしまい買取価格が下がりますので注意が必要です。

骨董品とは?

骨董品と聞いて、明確にその定義を答えられる方はそう多くないと思いますが、きっとほとんどの方は“古くて価値があるモノ”といった具合に漠然としたイメージをお持ちのことでしょう。辞書を調べてみても様々な意味が併記されていますが、そのなかでも“収集や美術的鑑賞としての対象となる価値のある古道具”といった表現が一番ピッタリくるのではないかと思います。骨董品というやや曖昧な言葉を使用する場合、海外では明確な定義があるものの、日本では通念や慣習が大きく作用しており、数十年前までに作られたモノを対象に、骨董品として取り扱っている傾向が強く見られます。

骨董品とは、古ければ古いほうが価値が上というわけではなく、上記のように収集や美術的鑑賞の対象として価値のあるものでなければならず、その価値判断は複数の要素を組み合わせながらトータル的に判断され、相場が決まっていきます。まず、美しいものであるかどうかがポイントとなります。骨董品とは美術品であることを考えれば、誰もが理解しやすいのではないでしょうか。丁寧に作られた骨董品の曲線美や、独特の風合いは時代を超えて、多くの人々の価値観に晒されても美しいと評価されているからこそ、高価で取引されているのです。次のポイントとして挙げられるのが、需要があるかどうかです。これについてはオークションを考慮すればイメージしやすいでしょう。オークションでは、欲しい人が多ければ多いほど、値段はつり上がっていきます。これと同様に、基本的に一点モノである骨董品は需要が大きければ大きいほど、高値となりがちなのです。最後に、希少価値があるかどうか、もポイントとなります。たとえ100年前に製造されたものだとしても、その当時にはある程度量産できていたので、市場に多く流通しているモノは多々あります。それらは当然、どこかに現存している可能性が高くなるため、希少価値がないとして高値とはなりません。

これまでご紹介してきた、骨董品が高値でやり取りされる理由については、いずれも素人判断では難しいところがありますので、気になる古い品物が見つかったなら、専門家へと依頼してみるのがいいでしょう。その際、信頼できる業者もしくは専門家へ依頼するようにしなければなりません。査定によって数十万円も誤差が生じることもありますので、評判の良い先へと依頼することをおススメします。

美術品とは?

美術品と聞いて、真っ先に思い浮かべるのは彫刻や絵画ではないでしょうか。美術品には明確な定義があり、日本国内の定義は日本の文化財保護法によるものとされるのが一般的です。文化財保護法では有形文化財として「建造物、絵画、彫刻、工芸品、書跡、典籍、古文書、その他の有形の文化的所産、並びに考古資料及びその他の学術上価値の高い歴史資料」を列挙しており、このうち建造物を除いたもの美術工芸品として総称しています。言い換えれば、持ち運びできるモノといえるでしょう。この文化財保護法の前身となるのが、古社寺保存法と国宝保存法です。これらにおいては、今日、美術工芸品とされるものについては宝物という表現がされています。また、美術品等の海外流出を防ぐことを目的として制定された重要美術品等ノ保存ニ関スル法律では、明確に美術品というストレートな表現が取り入れられており、「現存者の製作または製作後50年を経過していないものを除く絵画、彫刻、建造物、文書、典籍、書跡、刀剣、工芸品、考古学資料」で特に優れたものを重要美術品に認定していました。

美術品イコール骨董品という図式は一般的に思えますが、骨董品は古物に該当しますので、厳密には異なるジャンルとなっています。しかし、古物に該当するものとして、美術品類(書画・彫刻・工芸品等)、衣類(和服類・洋服類・その他の衣料品)、時計・宝飾品類(宝石類・装身具類・貴金属類等)が古物営業法で定められているものの、これらのジャンルのモノのうち文化財指定を受けているモノも存在していますので、古物(骨董品)と美術品の境界線はとても曖昧であると言わざるを得ません。

美術品は国際的にも取り扱いがデリケートなものであり、「文化財の不法な輸出、輸入及び所有権譲渡の禁止及び防止に関する条約(ユネスコ条約)」と、「教育的、科学的及び文化的資材の輸入に関する協定(フローレンス協定)」によって、適切な取り扱いを図るようルールが定められています。このような国際的な取り組みが見られるのも、美術品に対して高い価値があるという見方が万国共通であるためでしょう。その価値は時間を経れば経るほど高くなり、それに比例するように人気も高まっていきます。この連鎖がこれまでいくつも生まれてきたよう、美術品にはとても深い魅力が凝縮されているといえます。

掛け軸とは?

掛け軸と聞けば、きっと皆さんも“床の間に飾られているアレのことか!”といった具合に思い浮かべられると思います。普段何となく見かけた程度ではなかなか実感できないかもしれませんが、掛け軸とは日本の古美術において代表的な存在のひとつです。その証ともいえるのが、掛け軸のラインナップの豊富さでしょう。掛け軸は古来から魔よけや運気の呼び込みといった目的を持つ室内装飾であったため、その目的に応じたものが次々と登場しました。

具体的な掛け軸の種類について調べてみると、いくつもの情報が出てきて何を基準にカテゴライズされているのかも理解しづらいものですが、掛け軸の種類は『大和表具』と、『文人表具』の2つに大きく分けることができます。大和表具は日本独自の形式であり、格が高い順に真(しん)、行(ぎょう)、草(そう)の3種類の仕立て方があり、更にそこから細かく分けると合計で8種類の仕立て方があります。一方、文人表具は文人(主に中国の知識人のことを指す)の格言や絵を題材に仕立てたもののことであり、その他中国文化を描いたものも含まれます。大和表具と文人表具の区別は、風帯が付いているかどうかで判断します。風帯とは天の部分の左右を3等分し、その境目に天の長さ分垂らしたものであり、この風帯が付いているほうが大和表具、付いていないほうが文人表具です。

掛軸の大和表具にしろ、文人表具にしろ、それぞれ仕立て方はいくつもあり、その分類はとても細かい箇所の違いを根拠に行われていますので、掛軸についてあまり知識を持っていない場合には判別はとても困難でしょう。お手元の掛け軸がどの種類に分類されるのか、どれほどの価値を持っているのかを知りたいときには掛け軸の専門的な知識を持った人物による査定を受けるのがおススメです。掛け軸は書画を布や紙で表装して竹木などの軸をつけ、床の間などに掛けるように仕立てたものなので、素材自体が経年劣化しやすいものです。このため、掛け軸の正確な価値を知っているだけでもその後の保管状況に違いが出てきますので、後々のことを考えても、早めに査定を受けるに越したことはありません。査定を依頼する先を探すときには、その業者の掛軸の買取実績をチェックするのがおススメです。掛軸の買取実績が豊富であれば、それだけ多くの掛け軸の所有者から信頼を得ている業者であると判断できるためです。

茶道具とは?

茶道をイメージしたときに思い浮かぶ畳の部屋にはシンクがあるわけでもありません。整然かつ凛とした雰囲気の中で嗜むのが茶道であり、多種の茶道具を用いて湯や水を取り扱うのもその魅力に他なりません。建水とは茶碗を清めたり温めたりしたときに使った湯や水を捨てるために使うものであり、“こぼし”と呼称されることもあります。陶器や磁器のものもあれば、木でできたものや、金属でできたものなど、様々な材質の建水があります。形状も筒型や桶型、壺型、碗型など様々であり、湯や水を捨てやすいように口が大きく開いたデザインとなっています。流派によって建水の使い方に違いがありますが、多くの場合、お手前の直後にまず左手に持って対座します。

茶道にはお茶には濃いお茶と薄いお茶があり、それぞれ入れておく容器も異なります。このお茶の違いについては、文字通り濃いか薄いか、の違いしかありません。素材も製法もほぼ同一です。もっと言えば、薄いお茶の使用量を多くしてお茶を作れば、それはそのまま濃いお茶として飲むことができます。しかし、入れる容器が分かれているのが茶道の面白いところといえるでしょう。客人としてもてなしを受ける人の目からすれば、自分に濃いお茶が振る舞われているのか、薄いお茶であるのかが一目瞭然です。基本的に濃いお茶のほうが格式が高いとされています。その理由は、濃いお茶ほど味の差が大きく現れるので、そのお茶を淹れる人の技術も問われるためです。

茶銀瓶は茶道具の中でもステータスシンボル的な役割を果たしており、権力者からの人気を集めていました。銀という素材そのものの魅力もさることながら、製造技術の向上によって表面に粒粒の加工が施されるなど、贅沢品としての確固たる地位を築き上げました。鉄瓶に比べるとずっと流通量が少なく、作家物の作品も比例して少量であるため、今日の買取価格もかなり高値となりがちです。銀瓶には2種類あり、一枚の銀板を叩いて作り上げたものを“金工の銀瓶”と呼び、銀を溶かして型に流して作るものを“鋳造の銀瓶”と呼び、茶道具の買取で高値となりがちなのは前者の“金工の銀瓶”です。銀という素材の性質上、大きなサイズの方が高値での買取を期待できます。

絵画とは?

絵画と聞けば、誰もが漠然と思い描くイメージがあり、それらの多くが共通点を持っていると思いますが明確な定義が存在しています。定義とは「なんらかの支持材、場所の上に、各種の顔料などによって物の形や姿を平面上に表現したもの」となっていますので、絵であれば何でも絵画といえるわけです。油絵や色彩画、切り絵や版画などが絵画に属するのはモチロン、キャンバスに描かなくてはいけないという決まりもないため、ずっと昔に描かれた壁画、洞窟に描かれた絵なども絵画となります。このように分類すると、あまりに広範となりますが、骨董品として、美術品としての意味合いであれば、定義には持ち運びできるモノという要素も加わることでしょう。

なぜ絵画がこれほどまでに美術品として古来より人気を集めてきたかといえば、視覚から様々な感情を得られるからに他なりません。印象派の作品であれば、淡いコントラストと原色の晴れやかな雰囲気がマッチしており、それを眺めているうちに思った以上に見入ってしまいます。美しさや華やかさ、キレイさをいつでも得られるモノが他にあるか考えてみれば、絵画と同等以上のモノはなかなか見つかりません。また、個性を楽しめるのも絵画ならではの魅力といえるでしょう。皆さまもご存じのピカソの作品を例に挙げれば、素人目には何を描いているのかわからないようなものですが、そこにはピカソだからこそ描くことのできた個性が凝縮されているからこそ、高値でやり取りされるようになっているのです。画家独自の感覚、個性、色や造形的な実験が提示する新しいモノの見方や世界観はすべて絵画から発されているのであり、その魅力をイコール絵画の魅力とする人も大勢います。加えて言うならば、それらの個性は作家の魂そのものでもあるため、余計に人々の興味を惹きつけて止まないのでしょう。画家の生きた人生、体験、感動あらゆる要素が一枚の絵に切り取られて表現されているのが絵画です。気になる絵画作品について調べてみれば、その作品が描かれた背景について取り上げているサイトもきっと多く見つかるはずです。絵画とはただの絵を超越して、多角的な愉しみ方もできるからこそ、美術品として高い評価を受け、骨董品の代表的なジャンルとして取り扱われるようになっています。

神奈川県・横浜市の由来,歴史

神奈川県の文化や特産、名前の由来、歴史、人口は?

相模湾や東京湾を眺めることができる神奈川県は、関東地方の南側に位置しています。東京都心からも比較的短時間で行けるので、神奈川県の横浜をはじめ横須賀や鎌倉、藤沢など日帰り観光ができるのも魅力です。そんな神奈川県の文化や特産、名前の由来、歴史、人口についてご紹介していきます。

神奈川県の文化
神奈川県には縄文時代はじめの「夏島貝塚」や奈良時代の「相模国分寺跡」という古い遺跡が多くあるほか、武家発祥の地である神奈川県鎌倉では鎌倉大仏や彫刻、絵画、工芸品なども多く残されています。鶴岡八幡宮や建長寺の境内には貴重な文化遺産も多く、歴史とともに、伝統的な文化も感じることができます。また神奈川県は、芸術家の岡本太郎氏や版画家の川上澄生氏、建築家の隈研吾氏などの出身地でもあります。

神奈川県の特産
神奈川県の特産はブランド牛としても名高い「足柄牛」や久保田酒造の日本酒「相模灘」、昔から地元で愛されている「豆大福」などがあります。特に「御菓子司 横浜紅谷」の豆大福は美味しいと好評です。

神奈川県の名前の由来
「神奈川」という名は「武蔵國神奈河郷」という名称で見られるのが最も古く、由来は諸説あります。現在の神奈川県の土地に、水源が分からなかった川があり、「上無川」と呼ばれていて、それが「神奈川」になったという説。「金川」、「狩野川」から「神奈川」になったという説。朝鮮系の住民が多く「韓川」と呼ばれていた川から名付けられたという説などがあり、現在でも神奈川県の本当の由来は分かっていません。

神奈川県の歴史
神奈川県の歴史が大きく動くのは、18世紀末に日本近海に現れた「黒船」です。それまで鎖国を続けてきた日本ですが、ペルー率いるアメリカ艦隊の軍事的圧力により開国せざるを得なくなり、和親条約が締結されました。その際、海外からの開港場のひとつとされたのが神奈川県の横浜です。それ以来、神奈川県横浜は日本の中でも西洋文化がより早く浸透したといわれています。昭和に入ると、神奈川県は関東大震災で甚大な被害を受けました。さらに満州事変後も戦争の影響を受けることが多く、昭和20年代には米軍の爆撃で神奈川県の街の中心地の多くが廃墟となりました。戦後は神奈川県は連合国軍の重要占拠地域となり、復興と民主化改革が行われました。昭和30年代は飛躍的に経済が成長していきましたが、その反面公害などの問題も発生。現在は住みやすい近代化が進み、神奈川県は観光都市としても国内外で人気を集めています。

神奈川県の人口
神奈川県全体の人口は、平成27年の調査で9,198,646人。世帯数は4,170,029世帯です。男性は約458万人、女性は約461万人となっています。

関連記事

PAGE TOP
テキストのコピーはできません。