千葉県千葉市の茶道具,着物,骨董品買取

骨董品,美術品,古道具,買取

千葉県千葉市の茶道具,着物,骨董品買取

茶道具,骨董品買取専門店エコプライスでは千葉県千葉市を中心に千葉県の各市のお客様より茶道具は表千家・裏千家・武者小路千家などの各流派や骨董品は様々なジャンルを買取しております。千葉市のお客様で実家の解体で不要な物が沢山ある、屋根裏から買取が出来る物を運ぶ出して欲しい等も対応可能です。和家具や桐たんすの運びの作業料0円にて買取させて頂きます。査定料出張費用無料にてお伺いさせて頂きます。ご連絡お待ちしております。

注意点

商品の内容・物量により全国出張買取も可能です。商品内容により買取が出来ない商品はお伺いが出来ない場合があります。また宅配買取も内容により買取れない商品がありますので宅配買取をご希望のお客様はメールにて画像をお送り頂ければ価格の見積りをさせて頂きます。ご了承のほど宜しくお願い致します。

当店が選ばれる理由

  • 千葉県千葉市で茶道具・骨董品類だけではなく和家具・古家具類の幅広い買取が出来る。
  • 千葉市全域に骨董品や古い物の経験豊富なスタッフがお伺いさせて頂きます。
  • 千葉県千葉市で買取の実績が多く販路が豊富なため適正価格にて買取が可能
  • 個人情報の秘密厳守と買取にお伺いする際は屋号の入った車両でお伺いしません。
  • 商品買取成立後8日間の返品対応

茶道具や骨董品の価値は素人になかなか判断できるものではありません。しかし、自宅内にそれらがあっても、必ず処分を検討しなければならないタイミングが訪れます。茶道具や骨董品の買取専門店であるエコプライスは、お客様のご都合の良い日時にご指定の場所へと伺い、専門のスタッフが丁寧に査定いたしておりますので、お客様が時間や手間をかけることなく茶道具や骨董品の処分が可能です。きっと納得いただける査定額をご提示させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。お急ぎの場合にも、できるだけの対応をさせていただきます。

■買取の流れ

Step 1:お問い合せ・ご連絡

当サイトのお問い合わせフォーム、もしくはお電話からご連絡ください。
■ お問い合せフォームはこちら
■ 電話 0120-535-720 (10:00~18:00)
お申し込みの際はお品物について、できるだけ詳しくお知らせください。
※宅配買取の場合、価格が付かない商品もございますので、メールにて画像をお送り頂きおおよそのお見積りをさせて頂きます

step2:日程・時間のご相談

担当者よりお電話かメールにてご連絡させて頂きます。

■宅配買取:当方のメール見積りにて買取可能となり梱包が終了しましたら身分証のコピーと一緒に着払いにて当店へお送り下さい

■出張買取:お客様のご自宅などのご指定の場所へお伺いするためのご相談をします。ご希望の場所まで伺いますので、当日はそちらでお待ちください。お急ぎのご依頼にも、可能な限り対応いたします。※遠方の場合や、お問い合わせの内容によっては、訪問が不可能な場合もあります。

step3訪問・査定

鑑定、査定を玄関先で済ませたい、といったご要望にもお応えしておりますので、お気軽にお申し付けください。

■宅配買取:査定終了後ご連絡させて頂きます。減額がない場合でお支払い方法をお教え頂いているお客様にはお支払い後ご連絡させて頂きます。

■出張買取:出張料、鑑定、査定料は無料です。鑑定、査定を玄関先で済ませたい、といったご要望にもお応えしておりますので、お気軽にお申し付けください。また、お伺いする際の車には社名やロゴなどは入っておりません。ご安心ください。

■出張買取の場合:当日、ご用意いただくもの
お売りになりたいお品物と箱・保証書などの付属品がある場合は、忘れずにご用意下さい。
シミや汚れ、欠けなどの破損個所があっても値段が付くものがございます。処分してしまう前に、是非一度ご相談ください。
身分証明書:運転免許証・保険証・パスポート・住民票など、ご本人様確認のできるものをご用意下さい。
未成年者(20歳未満)の場合:保護者様の同意書または保護者様の同伴が必要となります。

■宅配買取の場合:銀行振り込みや本人限定現金書留にてお支払いさせて頂きます。
出張買取の場合:査定額にご納得頂けましたら、その場で現金にてお支払い致します。ご希望の場合は銀行振り込みも対応いたします。お品物をお引き取りし終了です。


取り扱い作家 一覧表以外の作家も取り扱います。お気軽にお問い合わせください。
荒川豊蔵加藤孝造鈴木蔵林正太郎若尾利貞
加藤唐九郎加藤重高加藤高宏山田和堀一郎
加藤卓男石黒宗麿加藤康景加藤正治各務周海
鈴木五郎月形那比古安藤日出武金重陶陽金重道明
金重晃介入江光人司石井不老隠崎隆一平川正二
小山一草鈴木黄哉森陶岳原田拾六藤原啓
藤原雄藤原敬介中村六郎伊勢崎淳大饗仁堂
三輪休雪坂高麗左衛門宇田川抱青坂倉新兵衛渋谷泥詩
千家十職
茶碗師・樂吉左衛門、塗師・中村宗哲袋師・土田友湖、竹屋・元斎、釜師・大西清右衛門、指物師・駒沢利斎、柄杓師・黒田正玄、鋳師・中川浄益、大工・善兵衛、表具師・奥村吉兵衛

買取参考価格
              商品名        参考買取価格
秦蔵六 獣口 鉄瓶        520,000円
金谷五郎三郎造 精銀鎚目菊摘 宝珠式湯沸        200,000円
清水 卯一 蓬莱白飛茶碗        240,000円
漢詩班竹器局        190,000円
釜師角谷一圭作 松葉地紋時代鉄瓶        215,000円
飯塚鳳斎 竹花籠        140,000円
荒川 豊蔵 紅白梅 茶碗        110,000円
作家物象牙銀瓶        100,000円
龍文堂製 鉄瓶        75,000円
釜師吉右エ門作 虫喰漢詩彫鉄瓶        70,000円
諏訪蘇山  青磁香炉        48,000円
加藤重高 黄瀬戸茶碗        52,000円
金蒔絵 棗 豊平翠香         48,000円
銀製 急須        75,000円
煎茶盆 紫檀        20,000円
釜師佐藤浄清作 肩衝形松地紋鉄瓶        20,000円
秀峯堂造 鎚起銀瓶        15,000円
楽善斎【李方子】イ・バンジャ 高麗焼茶碗        10,000円
乾茂號造 本錫製 茶壷        12,000円
薩摩焼 寿山窯 金彩花色絵        10,000円
骨董品,茶道具を高く売るコツ

茶道具の共箱があると良い理由

茶道具は共箱があると高く売るコツと書かれている業者が多くありますが箱の重要性について説明させて頂きます。普通の家電や商品を購入し開封後外箱を処分してしまうのは良くありますが茶道具の場合、外箱に重要性があることが多く商品の一部と考えられております。「茶碗や茶器があって使えるのだから外箱なんていらないでしょ?」とお考えの方もいらっしゃると思いますが、茶碗や茶器のコレクターの方たちは箱がない茶碗や茶器はコレクションしたがらない為価格が下がる傾向になります。テレビなどで未使用のレトロおもちゃに高額査定価格が付くのを見た方も多くいらっしゃると思いますが、同じ理由で茶碗や茶器のコレクターが欲しがる物は箱や商品の常態の良い商品です。箱のない茶道具では箱がある良い商品と比較し価格が、良い商品の3割程度まで安くなってしまうケースもありますので注意が必要です。また高額商品の場合贋作か本物かどうかを判断する時にも共箱は判断材料になるため茶碗や茶器の箱がありかなしは高く売るコツです。
有名作家の場合箱だけでも売買がされるケースがあります。
茶道具の買取をしていて中身がないが箱があるとうケースが良くあります、有名作家の箱だけでも市場で売れるケースがあり、なぜ箱だけが売れるかというと中身があるが箱がないといったケースがあり、茶道具の販売店が茶器と箱を組み合わせてより高値で茶器を売却するためです。こういった事から茶道具の有名作家の箱だけでも価格が付く場合があります。コツは空箱でも処分しないです。

掃除をしないのが高く売るコツ

遺品整理や蔵の整理で茶道具が出てきたので査定や買取をして貰うのに埃をかぶったままや汚れている物を見せると価格が落ちるのでは?と考えられ掃除をしてしまうお客様がいらっしゃいますが出てきたは汚れていてもそのままの状態にしておくのが良いです。理由としては茶道具は100年以上経過している物もある為劣化がある物もあり素人が簡単に掃除をしてしまうと箱にシミが生まれてしまったり、掛け軸等ははがれてしまったり傷みが出る場合や古さが鑑定できなくなったりします。こういった事から茶道具の古い物が出てきて、壊れそうな茶道具がある場合はあまり触らないことが高く売るコツです。

茶道の道具や歴史

茶道で人をもてなす際、いろいろと気を使いますが、その場の雰囲気を演出するのにピッタリなのが花です。その華やかな見た目は季節感も表してくれるほか、しっかりと和の雰囲気も醸し出してくれます。このような魅力ある花を入れる容器が花入です。茶道具のひとつである花入は唐銅・焼物・竹など、いろいろな種類のものがあり、位の高い花入とされているのが金属製のものと、中国製の陶磁器のものです。陶磁器の花入にも日本製のものがありますが、釉薬がかかっているか否かで評価に違いがあり、釉薬のかかっているもののほうが位が高いとされています。花に季節感があるように、花入に季節感を求める場合もあり、夏には籠の花入が使用されることもあります。

茶碗と同じく、茶道をイメージしたときに思い浮かべる代表的な茶道具のひとつが釜です。釜はお湯を沸かす道具であり、茶道に欠かすことはできません。だからこそ、茶会を催すことを“釜をかける”と表現する言い方もあり、茶道にとって特別な道具であると古来より認知されています。鉄でできており、サイズは大小様々ですが、小さいものや口の狭いものは風炉用、炉用には大きなサイズの釜を用いるのが一般的です。他の茶道具は中国製や朝鮮半島のものが多くありますが、釜にいたってはすべて日本製であり、代表的な産地としては福岡県の芦屋、栃木県の佐野、京都などが挙げられます。存在感のある鉄製の釜は骨董としても人気を集めています。

関連記事

PAGE TOP