ブログ

伊藤若冲買取について

伊藤若冲は江戸時代中期の画家。京都の青物問屋(野菜の問屋)の跡継ぎとして生まれた伊藤若冲は、家業を継ぎつつも絵を描くことに熱中し、伊藤若冲40歳になったときに家督を譲って画家としての道を歩み始めました。
伊藤若冲は専業画家になる前から、家業でなじみが深かった植物や動物をよく観察し描き続けていたため、動植物の姿を生き生きと描き出す画風を既に身につけていた伊藤若冲。
その作品は、ありのままの自然を精緻な筆で描くという他に類を見ない個性を持った作家です。
博物館所有の伊藤若冲作品も多く、未だに多数の展覧会が開かれるなど、多くの日本人から愛されています。
2019年には、個人所有の伊藤若冲の作品が見つかり、博物館が購入したとニュースになりました。
伊藤若冲の作品は、各地の博物館や寺で見ることが出来ますが、公開期間が決まっているものも多いため、日程を調べてから訪問することをお勧めします。

伊藤若冲の作品紹介

群鶏図

伊藤若冲といえば鶏をイメージする方が多いのは、このような精緻な群鶏画の印象が強いからではないでしょうか?
10羽以上の鶏が描き分けられているこの作品は、1匹1匹が緻密に描き込まれており、また今にも動き出しそうな躍動感を持っています。長年動植物の観察を続け、模写を行ってきた伊藤若冲ならではの作品と言えるでしょう。

樹花鳥獣図屏風

伊藤若冲の作品はどれも個性的ですが、この作品はさらに特別な手法を用いて描かれています。
「升目描き」や「モザイク画法」と称される手法で描かれたこの屏風は、画面に無数の方眼を作って彩色し、色や陰影を付けて立体感を感じさせるという特殊な作品です。
一対の屏風の右隻に「白像」を、左隻に「鳳凰」を描き、実在の生き物から空想上の生き物までが様々に配置されています。デジタルアートにも見えてくるこの作品は、Eテレの番組「びじゅチューン!」でも紹介されました。

象と鯨図屏風

カラフルな絵だけでなく水墨画もたしなんだ伊藤若冲の晩年の作品です。屏風の右隻には陸地の王者「白象」を、左隻には海上の王者「黒鯨」を、脈動感をもって描いています。白と黒という対比、そして陸と海という対比があり、その中に強大な二匹の動物がどっしりと構える構図が印象的。北陸の旧家に伝わったこの屏風は、2008年に存在が知られ、現在は博物館の所有となっています。

当店では伊藤若冲の作品を買取強化中です。伊藤若冲の作品がありましたら実績豊富な当店へお気軽にお問い合わせください。関東圏でしたら出張買取が可能ですし、日本全国から宅配買取での買取も可能です。宅配買取の場合はメールでお問い合わせを頂ければ買取価格を提示させて頂きます。

一覧へ戻る

対応エリア

出張買取:対応地域

関東地区|東京都|神奈川県|千葉県|埼玉県|茨城県|栃木県|群馬県|静岡県
出張査定料無料・宅配買取お客様負担0円!
鑑定歴の長い専門スタッフがお伺いさせて頂きます。
※内容により、日本全国へ出張買取可能です!ご相談ください。

出張費は無料です

宅配買取:対応地域(全国から可能)

北海道地区|北海道
東北地区|青森県|秋田県|岩手県|宮城県|山形県|福島県
北陸・甲信越地区|富山県|石川県|福井県|新潟県|山梨県|長野県
関東地区|東京都|神奈川県|千葉県|埼玉|茨城県|栃木県|群馬県
東海地区|静岡県|愛知県|岐阜県|三重県
関西地区|大阪府|京都府|滋賀県|和歌山県|奈良県|兵庫県
中国地区|岡山県|鳥取県|広島県|島根県|山口県
四国地区|香川県|徳島県|愛媛県|高知県
九州地区|福岡県|大分県|宮崎県|熊本県|佐賀県|長崎県|鹿児島県
沖縄地区|沖縄県

※宅配買取は必ず見積もり後にご予約下さい。また家具の宅配買取はしておりません。

出張,宅配買取に必要な本人確認書類
(いずれか1つを同封)

身分証明書のコピー(下記)の

いずれか1つを同封してください。

運転免許証保険証パスポート
住民票在留カード個人番号カード

宅配買取の送付先:〒356-0051

埼玉県ふじみ野市亀久保1776-38

お問い合わせ・買取のご依頼