ブログ

木村武山買取

日本画家の「木村武山」といえば、明治時代から昭和初期に活躍した人物です。木村武山は幼い頃から絵を描く才能に恵まれていたともいわれていますが、実業家であった父親の影響も強く受けています。

木村武山は「日本を代表するカラリスト」とも称されるほどの色彩豊かな作風が特徴のある人物としても知られています。多岐にわたる作品を次々に生み出した木村武山の魅力を詳しく紹介していきたいと思います。

木村武山は、茨城県の笠間市に生まれ木村信義の長男としてこの世に誕生しました。物心が付く前から絵に親しみ、若干12歳という若さで「武山」の称号を受けるまでになります。

木村武山は明治24年に東京美術学校に入学すると「日本美術院」に参加します。6年後には茨城県北茨城市に一家をあげて同行し、木村武山はたくさんの作品を制作し続けました。画業の主流になった「仏画」も並行して描き始め、日本美術院の中心的存在としても経営に尽力しました。

昭和12年には木村武山は脳内出血で倒れてしまい、笠間で静養するも右手の自由が利かなくなり左手で描くようになると「左武山」の異名を取るようになります。昭和17年に喘息のため亡くなりました。

木村武山の代表作とは

1.  祗王祗女

平清盛の若い愛人であった白拍子を描いた作品になり。祇王は、仏御前と呼ばれる16歳の若い女性が現れるとあっさり捨てられてしまい、母親と妹の祇女と一緒に髪を剃り嵯峨の奥深くにこもってしまいました。

その後負い目を感じていた仏御前は同じように髪を剃り庵にやってきて一緒に生活したそうです。そんな祇王の人生を匠に描いた本作は、何もないシンプルな背景とそこに立ちすくむ祇王の姿を木村武山が描いたものになります。

どこかさみしげでいつまでも眺めていたくなるような作品です。

2.  伊邪那岐・伊邪那美命

1904年~1906年に描かれた作品になり兄弟夫婦神でもある「イザナミノミコト」と「イザナギノミコト」を描いたものになります。この二人によって日本の国土が造られました。たくさんの子供達に恵まれるも、火の子を出産するときに大やけどをおい負傷したことで亡くなります。雲の上から日本を眺めているのでしょうか。シンプルでほとんど色彩を使っていないものながら、細部にまでこだわりぬいてつくられた作品なのが伝わってきます。

まとめ

木村武山の作品は、どれも神聖な雰囲気すら感じさせるものばかりです。木村武山はたくさんの作品を残し続け、色彩の美しさにも定評があります。木村武山がどうしてここまで高く評価されたのか、作品を見れば必ず納得できるはずです。

当店では木村武山の作品を買取強化中です。木村武山の作品がありましたら実績豊富な当店へお気軽にお問い合わせください。関東圏でしたら出張買取が可能ですし、日本全国から宅配買取での買取も可能です。宅配買取の場合はメールでお問い合わせを頂ければ買取価格を提示させて頂きます。

一覧へ戻る

対応エリア

出張買取:対応地域

関東地区|東京都|神奈川県|千葉県|埼玉県|茨城県|栃木県|群馬県|静岡県
出張査定料無料・宅配買取お客様負担0円!
鑑定歴の長い専門スタッフがお伺いさせて頂きます。
※内容により、日本全国へ出張買取可能です!ご相談ください。

出張費は無料です

宅配買取:対応地域(全国から可能)

北海道地区|北海道
東北地区|青森県|秋田県|岩手県|宮城県|山形県|福島県
北陸・甲信越地区|富山県|石川県|福井県|新潟県|山梨県|長野県
関東地区|東京都|神奈川県|千葉県|埼玉|茨城県|栃木県|群馬県
東海地区|静岡県|愛知県|岐阜県|三重県
関西地区|大阪府|京都府|滋賀県|和歌山県|奈良県|兵庫県
中国地区|岡山県|鳥取県|広島県|島根県|山口県
四国地区|香川県|徳島県|愛媛県|高知県
九州地区|福岡県|大分県|宮崎県|熊本県|佐賀県|長崎県|鹿児島県
沖縄地区|沖縄県

※宅配買取は必ず見積もり後にご予約下さい。また家具の宅配買取はしておりません。

出張,宅配買取に必要な本人確認書類
(いずれか1つを同封)

身分証明書のコピー(下記)の

いずれか1つを同封してください。

運転免許証保険証パスポート
住民票在留カード個人番号カード

宅配買取の送付先:〒356-0051

埼玉県ふじみ野市亀久保1776-38

お問い合わせ・買取のご依頼