ブログ

雪舟買取

雪舟は僧侶でもあり水墨画を描いた人物としても知られている
「雪舟(せっしゅう)」について、誰もが一度は名前を効いたことがあるのではないでしょうか。雪舟は幼い頃からその才能を発揮するもどうして僧侶の道を進むようになったのか?意外と知らない雪舟の人物像や、代表作について、ご紹介していきたいと思います。

雪舟が生まれたのは応永27年の備中国(現在の岡山県)になり、雪舟10歳のときに「宝福寺」に預けられたうえで、僧侶としての道を歩き始めます。その後、絵の才能を認められた雪舟は京都に上り相国寺にて修行に励むようになります。

ただ雪舟は当時主流だった繊細な画風に馴染むことができず、雪舟34歳に山口に移転します。有力の守護大名でもある大内氏の場所にて絵に専念した生活を送ったことが、雪舟の転機になったといわれています。48歳になった雪舟は遣明船の一員として中国に渡ります。

中国の名勝を目にした雪舟は日本の型にハマることのない独自の表現方法を追求していきます。雪舟は遅咲きの画家としても知られており、晩年に描いた作品のほうが、雪舟の代表作として知られています。

雪舟の代表作は

1.  秋冬山水図

型にはまらない雪舟らしさを追求した作品になります。絵の真ん中に太い線が描かれているのは、中国の山水画によく用いられる方法になります。断崖の輪郭線をわざと強調するために描いたものになり、抽象的な要素を秘めています。

この絵を見ていると寒々しくどこか寂しい雰囲気を感じるのではないでしょうか。雪舟がこの作品を描いたのは写生によって自分のなかに携えていた自然の風景を混合させて独自の世界を作ろうとする方法です。

2. 天橋立図

日本三景の一つになる天橋立を描いたものです。明応10年~永正3年の間に描かれた作品になります。80歳を超えた雪舟が現地に足を運んで実写を描いたことでも知られています。確実に形を捉えていること、みずみずしい墨色など雪舟の画技の極点を示しています。

中国大陸で描き続けた実績があるからこそ、雪舟が描けた作品といえるのではないでしょうか。雪舟の傑作としても知られている作品になります。

まとめ

雪舟の作品を知ると、意外と見たことのあるものも多く驚く人もいるのではないでしょうか。生涯、絵を描き続けているからこその技術力の高さは定評があり、どの作品も素晴らしいものばかりです。国宝として指定されているものも多く、作品の一つ一つに意味があると考えると味わい深い作品ばかりです。

当店では雪舟の作品を買取強化中です。雪舟の作品がありましたら実績豊富な当店へお気軽にお問い合わせください。関東圏でしたら出張買取が可能ですし、日本全国から宅配買取での買取も可能です。宅配買取の場合はメールでお問い合わせを頂ければ買取価格を提示させて頂きます。

一覧へ戻る

対応エリア

出張買取:対応地域

関東地区|東京都|神奈川県|千葉県|埼玉県|茨城県|栃木県|群馬県|静岡県
出張査定料無料・宅配買取お客様負担0円!
鑑定歴の長い専門スタッフがお伺いさせて頂きます。
※内容により、日本全国へ出張買取可能です!ご相談ください。

出張費は無料です

宅配買取:対応地域(全国から可能)

北海道地区|北海道
東北地区|青森県|秋田県|岩手県|宮城県|山形県|福島県
北陸・甲信越地区|富山県|石川県|福井県|新潟県|山梨県|長野県
関東地区|東京都|神奈川県|千葉県|埼玉|茨城県|栃木県|群馬県
東海地区|静岡県|愛知県|岐阜県|三重県
関西地区|大阪府|京都府|滋賀県|和歌山県|奈良県|兵庫県
中国地区|岡山県|鳥取県|広島県|島根県|山口県
四国地区|香川県|徳島県|愛媛県|高知県
九州地区|福岡県|大分県|宮崎県|熊本県|佐賀県|長崎県|鹿児島県
沖縄地区|沖縄県

※宅配買取は必ず見積もり後にご予約下さい。また家具の宅配買取はしておりません。

出張,宅配買取に必要な本人確認書類
(いずれか1つを同封)

身分証明書のコピー(下記)の

いずれか1つを同封してください。

運転免許証保険証パスポート
住民票在留カード個人番号カード

宅配買取の送付先:〒356-0051

埼玉県ふじみ野市亀久保1776-38

お問い合わせ・買取のご依頼